磨き抜かれた

伝統技法

技はやがて職人から職人へと伝わり、

そして伝統として受け継がれていきます。

新しい時代の風を受けながら伝統の技と融合させて

いく匠達。21世紀・22世紀とこれからも時を

超えて受け継がれていく職人たちの絆がここにあります。

岩谷堂箪笥

南部鉄器の重厚さ、樹齢500年の欅の杢目の美しさ、漆の潤いが工匠の磨き抜かれた伝統技法によって活かされています。

彫金金具と南部鉄器金具

岩谷堂箪笥の特徴の金具には「手打ち手彫り」のものと、「南部鉄器金具」の2種類があります。

手彫りによる金具つくり

手打ち金具は、その一つ一つが金槌と鏨(タガネ)によって、職人の手で作り上げられます。

鮮やかに浮き彫りされた絵模様は、職人ならではの一品となり、家具の風格を高めます。

漆塗り

漆塗装には「木地蝋塗り(キジロウヌリ)」と「吹き漆塗り」の2つの方法があります。

いずれも塗っては拭き、塗っては磨くという行程を6、7回繰り返します。

Copyright (c) sakuragikagu inc. All Rights Reserved.