"モノを残すのではなく、技術を後世へと残す"
我々の発想は既存の枠組みにとらわれない物作り。
岩谷堂箪笥と高級家具を組み合わせた新しい家具の提案を行っております。

"モノを残すのではなく、技術を後世へと残す"
我々の発想は、既存の枠組みにとらわれない物作り。
海外市場に視野を向け、岩谷堂タンスと高級家具を組み合わせた
新しい家具の提案を行っております。

 

技はやがて職人から職人へと伝わり、そして伝統として受け継がれていきます。
新しい時代の風を受けながら伝統の技と融合させていく匠達。
21世紀、22世紀とこれからも時を超えて受け継がれていく職人たちの絆がここにあります。

 

平成23年3月11日に発生した東日本大震災に於いて、
当社は、高田支店・大船渡支店の両店舗が全壊しましたが、
その後も被災地で営業を続け、数々の被災した箪笥を当社の伝統ある
技術によって復元してきました。
我々の使命として日本の伝統技術に磨きをかけ後世に継承する事で、
長年受け継がれてきた日本固有の財源を守り伝えていきたいと思っています。

 

350年余りの歴史を持つ岩谷堂箪笥の伝統を継承する当社は、
木地選びから漆塗り仕上げまで一環した製造を行っております。
岩谷堂箪笥は南部鉄器の重厚さ、樹齢500年余の欅の木目に美しさ、
漆の潤いが工匠の磨き抜かれた伝統技法によって生かされています。

社歴

昭和15年 桜木木工所として創業
昭和29年 岩谷堂箪笥を皇太子殿下に献上
昭和40年 有限会社 桜木家具店に改組
昭和42年 日本貿易振興会賞受賞
昭和42年 東北・北海道工芸協会会長賞受賞
平成07年 高松宮殿下の献上品を製作
平成23年 東日本大震災発生 高田支店・大船渡支店全壊
平成25年 高田支店 仮設店舗が陸前高田市内に完成
平成25年 大船渡支店 大船渡市内に完成予定

代表の言葉


 

高橋 勇樹

有限会社『桜木家具店』常務取締役。

 

「モノを残すのではなく、技術を後世に残す」
 

私たち桜木家具店は、伝統技術の「練磨」と「継承」を行い、日本の伝統文化を守り育てて、伝えていく事を使命とし、家具作りを通じて、皆様のお役に立ちたいと考えております。また、東日本大震災に於きましては、沢山の方々から、沢山の「心に残る」温かいご支援をいただきましたこと、大変ありがとうございました。
伝統産業の再興と震災からの復興を使命とし、日々精進していきます。

江刺本店

江刺本店

 

 住所:岩手県奥州市江刺区八日町1-119

 TEL : 0197-35-1171
 FAX : 0197-35-5522

 営業時間:09:00~18:00

 

高田本店

高田支店

 

 住所:岩手県陸前高田市竹駒町字相川7-2 

    陸前高田未来商店街内

 TEL : 0192-55-2455
 FAX : 0192-55-2466

 営業時間:09:00~18:00

 定休日:火曜日

 

旧高田支店

大船渡本店

大船渡支店

 

 住所:岩手県大船渡市大船渡町字笹崎

(25年完成予定) 

電話:0192-55-2455 / 0197-35-1171

 

FAX:0192-55-2466 (24時間受付)

 

メール:info@sakuragikagu.com

 

商品資料をご請求の方は、上記メールアドレスまでご連絡下さい。

Copyright (c) sakuragikagu inc. All Rights Reserved.